GalaMate
白髪の大神官行くか‥ミラベルよ‥‥。汝の前途に神の祝福あれ‥‥。(06/01/14 05:52)
◆ミラベル >> 〜〜〜〜ッ、シンジュうっさい!!!(耳元押さえて、こっちが悲鳴をあげたくなる、)(06/01/14 05:52)
◆ミラベル >> ま、とりあえず、水難の相に気を付けて、新しい出会いや色々考えて動けばいいってコトでしょうね……て、(06/01/14 05:51)
白髪の大神官行くか‥シンジュよ‥‥。汝の前途に神の祝福あれ‥‥。(06/01/14 05:51)
◆シンジュ >> (娘による、清々しい朝の目覚ましコール。)(06/01/14 05:51)
◆シンジュ >> (そして後々正体を知り、目が点になる。) …………!?!?(その後、絶叫)(06/01/14 05:50)
◆ミラベル >> まァねー、タロット1枚2枚めくって現在過去未来見るくらいかなって思ってたから、(そこは同意、) 寝てれば大丈夫よ、(酔いは、)(06/01/14 05:49)
◆ミラベル >> (そういう意味では、登場の時点で正体はお察し状態だったのでぬるく微笑んで触れないでおきつつ、)(06/01/14 05:47)
◆シンジュ >> やァ、だってさっきのはどう考えても飴分の占いの量じゃなかった気がする…。(唸り、)すごいなあ…あんなすごい占い初めてだよ。 そう?それなら良いんだけど。酔わないようにね。(06/01/14 05:47)
白髪の大神官行くか‥アイビスよ‥‥。汝の前途に神の祝福あれ‥‥。(06/01/14 05:46)
◆アイビス >> (その後、大神官に名前を呼ばれ、正体をばらされる)(06/01/14 05:46)
◆アイビス >> ………。(二人から死角になった柱の陰で、様子を少し見守った後、窓から出て行く…)(06/01/14 05:46)
◆ミラベル >> まあ、お支払いした塩アメの分だけ、しっかりと占ってもらったコトをじっくり味わって噛み締めるのね……、(アメというよりそれはガムかなとも思いつつ、)ああいや、別に寝るのは船でなので大丈夫、(懺悔室の扉を開け、)(06/01/14 05:44)
◆シンジュ >> ありがとうね、ミラベルちゃん。付き合ってくれて。荷物のチェックは勿論だけど、船に乗り遅れないと良いんだけど。(盛大な寝坊をして、)(06/01/14 05:43)
◆シンジュ >> …………あれッ、(瞬く、) むー……居なくなった…。(06/01/14 05:42)
◆ミラベル >> (既に立ち去ったらしい気配の様子に、ふむー……と息をつき、)やァ……だってまあ、占い師じゃあナイ職業で手いっぱいなんでしょうね、っていうかね、(06/01/14 05:41)
◆シンジュ >> 確かに!前金に山盛りの飴ちゃんだけって超貧相過ぎたわ!後払いで、どれだけ払えば良いの!?(相場がぶれぶれ)(06/01/14 05:40)
◆アイビス >> (返事も、姿も、その後の足音もなく、揺れ扉の軋む音)(06/01/14 05:38)
◆ミラベル >> と云うかお代を……!!(06/01/14 05:37)
◆シンジュ >> あぁッ、せめてお名前を…!(というお約束のようなセリフ)(06/01/14 05:37)
◆シンジュ >> 参考になった、と思う。新しいことも発見できた。…でもそれより何より神官さまのスキルが衝撃的過ぎて!?何で神官さまなの?占い師にならないの!?ってくらいだよね!(06/01/14 05:36)
◆アイビス >> ――――――…(キィと扉の開く音)(06/01/14 05:36)
◆シンジュ >> や、もうほんとにありがとうございます…。(ふかぶか…)(06/01/14 05:35)
◆アイビス >> …参考になったのなら、幸いです。…では、私はこれにて…、(06/01/14 05:35)
◆ミラベル >> で、どうだった?シンジュ、占ってもらって、参考になりそう?(06/01/14 05:34)
◆ミラベル >> 朝かー……、流石にそろそろ部屋戻って荷物の最終確認しておかないと、船に乗り遅れてもいけないかな、(ふむー、)(06/01/14 05:34)
◆アイビス >> 皆様にも、神の御心とお導き…そして祝福のあらん事を、desire...(十字を切る)(06/01/14 05:34)
◆アイビス >> …おぉ、刻の流れは光ですか…、(06/01/14 05:32)
◆シンジュ >> 長い棒の先にボトルを…か。 うん、頑張る。(と頷いたところで、随分と辺りが明るくなっていることに気がついた。)…わ、大変。もう朝?(06/01/14 05:31)
◆シンジュ >> なんか壮大なおまじないだなあ…。言われたとおりに出来たら、本当に御利益ありそうな気がするよね。(うむ、) なるほどね…確かに普通にシェイクし続けるのもある意味拷問…。(06/01/14 05:29)
◆アイビス >> まさしく。(ミラベルにうなずく)…踊りは、身体で行う祈りとも言いますから、(06/01/14 05:28)
◆ミラベル >> よし、シンジュ、是非ボトルシェイクをする時は必ず踊りながらで、(ぐっ、) 神頼みすると思って祈りを込めたダンスしながらだときっと利くわよ、(06/01/14 05:28)
◆アイビス >> それに水を入れて、槍を振り回すような演舞…いや、むしろ演武の形式で行われたとある。…要は、やる人の衣装と動き、場の雰囲気で、ギャグにも、神聖な行事にもなり得る。…そんな所でしょうか。(06/01/14 05:27)
◆アイビス >> 古い伝承によれば、長い棒の先にボトル…と言うよりは、当時はひょうたん。(06/01/14 05:26)
◆シンジュ >> やってみても良いけど…立会人とやらにはその後二度と会えないほどの羞恥を味わいそうな気がする。(ボトルシェイクダンス。)(06/01/14 05:25)
◆シンジュ >> 紙が溶けるまで!?(どんだけシェイクすればいいんだろう…!) へえぇ…そんなおまじないがあるんだ…・。(06/01/14 05:23)
◆アイビス >> …で、その後、その紙溶け水…これは神説け水とも言うのですが、それを七大洋を象徴する為に最低でも七回以上に分けて、海に流します。そうやって、全ての海に己の願いを満たして、神様を説得するのです。…でまぁ、うん…、それはそう。(じわじわくる)(06/01/14 05:22)
◆ミラベル >> 踊ってボトルをシェイクしてる光景とか想像してみたけど、それはなんかとってもおかしいなって……、(じわじわくる、)(06/01/14 05:21)
◆アイビス >> その後、三人以上の人が見守る中で、念だとか気合いだとか願いだとか祈りを込めて、ひたすらシェイクします。紙が水に溶けるまで、ひたすらシェイク。その際に踊っても構いません。…ちなみに、願いは声に出してもいいし、秘密にしても構いません。…ただ、立会人には、何をやっているかの説明をして、一緒に祈って貰いましょう。(06/01/14 05:19)
◆シンジュ >> へ、海水も入れるの? ボトルメールみたいに浮かべるんじゃあないの?(首を傾げ、)(06/01/14 05:18)
◆アイビス >> 次に、その紙を丸めてボトルに入れた後で、海水もたっぷり入れます。(06/01/14 05:16)
◆ミラベル >> 一生に一回のおまじないとかかなりの重みあるわね……、(ゴクリ……、)ボトル?(06/01/14 05:15)
◆シンジュ >> ……・ほへ??(更に紙を見て。 取り合えずふたつを受け取り、)(06/01/14 05:15)
◆アイビス >> 先ず、その紙に、一生を掛けてでも遣り遂げたい目標や願い、夢を、10回以上書きます。(06/01/14 05:15)
◆シンジュ >> 何それ耳寄り情報!あたしも絶対行こう。(出張カフェ。) ……ほへ?(ボトルを見て、)(06/01/14 05:14)
◆アイビス >> それと、…はい。(さらに差し出す。何の変哲もない紙)(06/01/14 05:14)
◆アイビス >> …はい。(差し出す。何の変哲もないボトル)(06/01/14 05:14)
◆シンジュ >> えっ。(一生に一回と聞いて怯む。)(06/01/14 05:13)
◆シンジュ >> えっ、おまじない?なにそれ御利益ありそう!ください!(遠慮なく手を出す。)(06/01/14 05:13)
◆アイビス >> これは一生に一回しかできないと言われている、おまじない。(06/01/14 05:12)
◆ミラベル >> ヤダーちょっとーやめてくださいー、(シンジュに向かってぱたぱたと袖先の余った手を振って、ネガティブな空気を仰ぎ追い返す、) 街でカフェやってるコが、夏に出張カフェってコトで海向こうで期間限定出店を予定してるのよ、(説明してあげ、)(06/01/14 05:11)
◆アイビス >> …まぁ、あんまり脅かしてもいけないので、おまじないを授けましょう。(06/01/14 05:11)
◆シンジュ >> あ、ありがとうございます……。(違う面でメンタルゲージがすり減った。)(06/01/14 05:10)
◆シンジュ >> 言わないでミラベルちゃん、そんな感じがひしひしとするからあえて言わないで…!!(溺れる心配…)(06/01/14 05:09)
◆ミラベル >> というかそれもう、レンジャー系っていうよりレスキュー系よね……、(06/01/14 05:09)
◆シンジュ >> カフェ?なにそれ気になる。(わくわく、) そうだよね、あたしに出ている水難の相だもの。 …いや、でも気をつけて。あたしのネガティブオーラが移っているかもしれないし…。(感染、)(06/01/14 05:09)
◆アイビス >> んむ、…まぁそんな所かな…、(06/01/14 05:08)
◆シンジュ >> 船乗り系なんてひとりしか思い浮かばないんだけど!?医師系…は何人かは心当たりがあるけれど、海に行くまでにつかまえて、一緒に行ってくれるかどうかは分からない…!(パーティの心配をする)(06/01/14 05:07)
◆ミラベル >> 完全に海で溺れる心配されてるわよ!?(06/01/14 05:06)
◆アイビス >> 後は心肺蘇生法と、人工呼吸法をきちんと身に着けたレンジャー系も良さげ。(06/01/14 05:06)
◆ミラベル >> ウワサ話はちょっとよく分からないけれど……、いや、あたしはちょっとお世話になってるトコのカフェの下見についてくだけなので、(来週は長居しないし、と手を振り、) 第一、今のコレはシンジュの手相の件なんだし、水難の相、(06/01/14 05:05)
◆アイビス >> ラッキーメンバーは、船乗り系と、医師系。(06/01/14 05:04)
◆シンジュ >> 手放しません。、浮き輪。身につけます、蛍光イエロー。(標語のようにきりっとして言う。)(06/01/14 05:03)
◆シンジュ >> き、気をつけ、ます。 …そういえば海って…、何かしらの噂話がなかったっけ…?(それすらも不穏だ…) そう、だね。あたしだけじゃあなくて…みんなにも危害がないと、良いのだけど。 …てか、ミラベルちゃん…。(出発間近じゃあないの…。)(06/01/14 05:01)
◆アイビス >> ラッキーアイテムは、浮き輪。ラッキーカラーは、海に落ちても発見が容易な蛍光イエロー。(06/01/14 05:01)
◆ミラベル >> ……、まあ、シンジュ個人に限ってナニカがあるかどうかはさておいても、夏に向こうに行くヒトは結構居るようだからね……そんな風に賑わってヒトが多いってコトは、海賊なりモンスターなりの格好のエサ場でありますし、(頷く、)(06/01/14 05:00)
◆シンジュ >> きょ、去年は海賊さまに関しては全く出くわさなくて…平穏だったからなあ…。 ………………うん……。(今年「も」、ね…)(06/01/14 04:58)
◆アイビス >> とにかく、今年の海は、…いえ、今年の海も、何かでます。(06/01/14 04:57)
◆ミラベル >> ……、(神妙な面持ちを作って、神妙に頷く……、)(06/01/14 04:57)
◆シンジュ >> ひ。(固まった。)(06/01/14 04:57)
◆アイビス >> 後は、…海賊?(06/01/14 04:56)
◆シンジュ >> ひぃっ、(水棲モンスター!?)(06/01/14 04:56)
◆シンジュ >> あたし、今年こそどざえもんになっちゃう…。(これは…これはヤバい…。)(06/01/14 04:55)
◆アイビス >> 水棲モンスターとか、(06/01/14 04:55)
◆ミラベル >> 水難の相……、(ちらりと隣のシンジュを見つつ、)完全に夏、海向こうではしゃぎすぎるなってコトなのでは……、(06/01/14 04:55)
◆アイビス >> …多分、(06/01/14 04:55)
◆シンジュ >> ……………………。 ミラベルちゃん、(06/01/14 04:55)
◆シンジュ >> そこまでは流石にしたくないなあ!?(焼き型…!) …う、うん。(どきどきどきどき、、、)(06/01/14 04:54)
◆アイビス >> んむ、これは確かに働き者の良い手になるでしょう。…しかし今は水難の相が出ています。…川や海と言った場所へ出向く時は、要注意。(06/01/14 04:54)
◆シンジュ >> し、白魚の手のようなお綺麗な手はしていないけれどね。踊りの練習でタコもできるし、皮むき失敗して所々すぱすぱ切ったし… …でも最終的に、働き者の良い手だと言われたい!(06/01/14 04:52)
◆アイビス >> …そうですねぇ。…焼き型に入れて、手相を変えるなんて荒業もありますし、中には並ならぬ努力によって絶望的だった運命を切り開いた人もいますから、…と、これは…、(氣の流れなんかも見つつ)…あれですね。(06/01/14 04:52)
◆シンジュ >> ひいいいい……(ドキドキし過ぎて若干掌が湿る。) あ、あたし生命線が結構長いのが自慢だったのになあ…!上っ面だったのか、それ…! あ、あたしの手にどんな真実が!(06/01/14 04:50)
◆ミラベル >> まあでも、その上っ面だからこそ、手のしわなんかは変わったりもするってコトで占いも一概じゃないんでしょうけれどね、(頷きつつ、手相を見る様子を見、)(06/01/14 04:50)
◆アイビス >> えぇ、ラインも見るには見る事もありますが、見るべきはより本質。例えば手のふくらみ、厚さ、張り、指の長さ、関節の位置、比率、温度、等々を見ている訳です。…生命線だとか頭脳線だとかは、それらの情報に比べると、上っ面でしかありませんから…、(06/01/14 04:47)
◆ミラベル >> 総合占術なんてのあるのね……!?(占い分野は詳しくないので初耳!)……ラインて、手相って、手のしわを視るんじゃないの?(06/01/14 04:45)
◆シンジュ >> ほええぇー……。(もうこの神官さまは何でもできる人なんだ、ということで考え方を落ち着かせた。) …へ?(眼を閉じるのに、目を瞬かせ…)じゃあ何を見るの…?(06/01/14 04:45)
◆アイビス >> …ちなみに、手相を見る時に、ラインを見る人が殆どですが、私の場合、それは見ません。(手を取った状態で目を閉じている)(06/01/14 04:43)
◆アイビス >> はい。武術にも、投げから打撃まで全てを含めた総合格闘技があるみたいに、占いの世界にも総合占術と言うものがあるのです。(06/01/14 04:42)
◆シンジュ >> もうこの神官さま何者なの!?どんだけのスキル持ちなの!?(手相!?手相だって!?) (でも見てもらう。)(06/01/14 04:41)
◆ミラベル >> タロットに占星術に加えて更に手相までも……!?(オールマイティー!?)(06/01/14 04:40)
◆アイビス >> いやぁ、礼には及びません。どうせ神官代理の暇つぶ…いえ、これも全て神の御心のままに…、(06/01/14 04:40)
◆シンジュ >> ありがとう神官さま…!(深々と頭を下げ…) ごめんなさい、時々寄付をケチって…これからはちゃんと用意するから!(06/01/14 04:39)
◆アイビス >> あぁ、最後に手相だけ見ておきましょうか…、(格子窓の隙間から手を差し出して)(06/01/14 04:38)
◆シンジュ >> よし、踊り子引退したら一座をつくって座長になろう。(創作演出俺みたいな。総合P的な。)(06/01/14 04:38)
◆ミラベル >> つまり、アイ活が終わって後のアイドル育成活動に指導者として貢献して行くという……、(どこのアイドル育成学校なのだろう、)(06/01/14 04:37)
◆アイビス >> …とまぁ、これは同じ日に生まれた人なら当てはまる事なので、さっきのタロットの結果と照らし合わせて、まぁ後は適当に自分で判断または解釈してください。(06/01/14 04:36)
◆シンジュ >> …!!(スルーされた!) た、確かに…!!(老後が来ない。)と、とりあえずそれはアイ活が終わるまでということで…。(06/01/14 04:35)
◆アイビス >> 職業は、作家等の創作活動や、カウンセリングの要素がある仕事ならピッタリ。…なので、晩年には多くの後輩を指導する立場になっているでしょう。(06/01/14 04:34)
◆シンジュ >> へえぇ……(誕生日を言い当てられたことですっかり神官を崇拝し、真剣に聞いている。)(06/01/14 04:34)
◆ミラベル >> ……、(アイドルめいた年齢告知にはノーリアクションにてスルースキルが発動、) 永遠の18歳なんだったら、シアワセな老後ってのは迎えられないってコトですね……、(06/01/14 04:33)
◆シンジュ >> (ひっぺがされ、)老後は幸せ。良いね、老後は幸せ。(未来に希望が持てた。) 永遠の18歳でぇす☆(アイドルめいて。)(06/01/14 04:32)
◆アイビス >> こういった運勢が年齢を重ねる度に開けてくるタイプは、今の時期に誰と出会い、何を学び、また…どんな恋をするかが他の人よりもずっと重要になってきます。角度的な問題で、(06/01/14 04:30)
◆シンジュ >> くふふふふ……(言い方や置き換えにフォローされつつ。) おぉ、良いね、感受性が強くなるって。芸の道もさらに豊かになりそう。(06/01/14 04:30)
◆ミラベル >> シンジュサン、今おいくつでしたっけ……、(06/01/14 04:29)
◆アイビス >> それから55歳を過ぎて来る辺りからは、転機が訪れて益々その自信に溢れた人生となりそうです。…つまり、老後は幸せ。(06/01/14 04:29)
◆ミラベル >> あががが……って、ええいっ、揺さぶるでないわよっ、(流石に今回は反撃し、ひっぺがす、) ……モノハイイヨウ、(06/01/14 04:29)
◆シンジュ >> そか、そんなもんかあ。(秘密主義についてのミラベルの見解について頷き、) 確かにまァ、暗くなるの好きじゃあないから。あまり深刻な話とかは表に出したくないし出さない気がする。(06/01/14 04:28)
◆アイビス >> …っと、(咳払いして)…で、それが26歳を過ぎて来ると、人生における心や魂、真実に関する問題の重要性が増し、より感受性が強くなります。(06/01/14 04:26)
◆アイビス >> ………、(後、言い方ってのもあるからなぁ…、せっかちは、頭の回転が早いとかに置き換わっている)(06/01/14 04:25)
◆シンジュ >> 知的、知的、知的。(そして何故かミラベルを揺さぶる。)落ち着けあたし。 …んー、そうだなあ。そう言われると、してきた気がするね。何事も自由に、気の向くまま。お友達は大事。(06/01/14 04:25)
◆ミラベル >> ……、(まあそれはイイ処をチョイスして云ってるんだろうなと思ったケド、黙っておく、)(06/01/14 04:24)
◆ミラベル >> 秘密主義、とまではいわないけれど、客観的な側からするとそうね、あんまり表だってオープンに出してってるってワケではないのかなってのは、(主観と客観の差だろうけれど、)(06/01/14 04:23)
◆シンジュ >> あたしがすごく褒められている!!(ダメ出しがない!なにこれどういうこと。)(06/01/14 04:23)
◆シンジュ >> も、もっと高位の人だったらもうあたしのことなんて完全にお見通しというわけだね…。(恐ろしいっ…。)(06/01/14 04:22)
◆アイビス >> 自由や、自己表現、それから友情といったものが、人生の中心に来るか、または重要な大部分を占有するでしょう。…と言うか、して来ましたか?(06/01/14 04:22)
◆アイビス >> 企業秘密です。(にこりと微笑み)…ともかく、あなたは親しみやすく活発で知的、頭の回転が速く、抜け目なく、仕事は熱心で妥協しない。また友情を大切にするし、愛想もよくて社交的。友達を作るのも得意。…で、25歳になるまで、つまり人生の前半では…、えぇと…、(06/01/14 04:21)
◆シンジュ >> そんなに徹底して秘密にしているつもりもないけれど…他の人から見たらそうなのかもしれないし。こればかりは、よく分からないね。(首を傾げたまま、) や、誕生日が分かっただけでもすごいと思うんだけど!?何でわかるの!?これが占いパワー!?聖なるパワー!?(06/01/14 04:20)
◆ミラベル >> 人生を3分割で視るってだけでも十分だと思う……、(年とか月単位もあるんだ……!?慄きつつ、)(06/01/14 04:19)
◆アイビス >> そうですか…、残念ながら生まれた時刻までは分からなかったし、未熟な私では大雑把な所でしか星を見れません。具体的にどれぐらい大雑把かと言うと、人生を前半、中盤、後半と、3ステージに分けるぐらいの大雑把さです。私よりランクの高い占星術師なら、年刻み、月刻みで見れるのですが…、(06/01/14 04:18)
◆シンジュ >> あー…、知り合いの前だとわりと。(感情的。) …せっかちと気紛れが同居している感じ…。(レポートはかなり前に提出するか、大幅に遅れるかのどちらかだ。) 秘密主義…。(どうだろう?と首を傾け)(06/01/14 04:17)
◆ミラベル >> 落ち着くのはそっちよ!?(どうどう、じゃないっ、)……けふん、(気を取り直して、)自分で思ってる認識と、ヒトからの総じた認識とじゃ微妙にニュアンスも変わってくるでしょうけれど、完ぺき主義に秘密主義ねえ、(ふむ、)(06/01/14 04:16)
◆アイビス >> ふむふむ、なるほどねぇ…、これは人の捉え方にもよりますが、短所としては、…んむ、感情的で、少しせっかち、後は気まぐれで、ちょっと嫉妬深くもあって、…それから、秘密主義もありますか?(再び首をかしげ)(06/01/14 04:13)
◆シンジュ >> 落ち着いてミラベルちゃん。(どうどう。そして自分も落ち着く。)(06/01/14 04:13)
◆シンジュ >> ほ、ほうほう。(自分について知る。) か、完璧主義?如何だろう…そんな優秀でもないからなあ。でも、あたしは不得手なことも多いけど、その分出来ることはきっちりやりたいなとは思ってるよ。(06/01/14 04:12)
◆ミラベル >> あががががが、(揺さぶられて、)ちょ、ちょ、やめっ、ホ、ホンモノもなにも、いやそりゃ……あががががが、(06/01/14 04:10)
◆アイビス >> 創造的で、あぁ、…あと、ちょっと完璧主義があったりもしますか?(首をかしげ)(06/01/14 04:10)
◆シンジュ >> (動揺のあまり、ミラベルを加減なく揺さぶる。) ひいい、すごい!(06/01/14 04:09)
◆アイビス >> まぁ、そこは企業秘密です。…企業じゃないですが、(苦笑しつつ)…それで、1月25日生まれのあなたは、基本的におおらかで、直感が鋭く、洞察力に溢れ、どちらかと言えば人付き合いが上手い方。(06/01/14 04:09)
◆シンジュ >> こっ、このひと本物です!!!(ミラベルを揺さぶった。) あっ、あっ、あたしの誕生日!なんでわかるの!?(06/01/14 04:08)
◆シンジュ >> うん、神官さまが怖いとかそういう意味ではないからね、ただ本当に占いがすごいなって…(06/01/14 04:07)
◆アイビス >> …えぇと、1月25日?(06/01/14 04:06)
◆アイビス >> まぁ、私は怖くありません。…と言うよりは、例えそうだったとしても怖がる必要がありませんし…、(言いつつも、こめかみを指先で抑えながら、目を閉じて)(06/01/14 04:05)
◆シンジュ >> あたしなんてほとんど分からないもの。(さっきからほぼ全て口が「へぇ」の形。) 占星術…。(06/01/14 04:05)
◆ミラベル >> 未来は、この先このままだとどうなるかとか、心境の変化とかだから、どれとも決めないで意味あいを総じて聞いてたほうがよいかもだわね、(聞きつつ、) 占星術ってのは、どう見るのかわからないけれど、(06/01/14 04:04)
◆シンジュ >> タロットって怖い……。(しみじみ言った。) というかこれは、占ってくれている神官さまが怖いのか…。(06/01/14 04:02)
◆アイビス >> 同じタロットの結果でも、持って生まれた星との兼ね合いで、起こり得る危険も、達成し得る可能性も、全く違って来ますから…、(06/01/14 04:02)
◆アイビス >> …まぁ、占星術の方も見ておきましょうか…、(06/01/14 04:01)
◆シンジュ >> 強固な意志、は如何だろう…。出来る事なら言いたくないって思って、一度は嘘もついてる。それでもこのままにしておけるわけがないから… …………………あー……。(続く説明を聞き、)(06/01/14 03:59)
◆ミラベル >> いや、かじった程度くらいしか知らないんで、(居ても大して口も挟めないよ、と手を振り、) それにほら、今はココでこうして実際にたしなんでるヒトに見てもらってるんだし、(任せましょう、と続く説明を聞く、)(06/01/14 03:58)
◆アイビス >> 後は、自分を知り、自分を受け入れる事による成長や、自制心で気持ちをコントロールする。困難の克服。…なんて意味もありますし、あぁ…、後は持久戦なんて意味もありましたねぇ。(06/01/14 03:57)
◆アイビス >> 他にも、優しい愛情による抱擁や、相思相愛、強い絆と言った意味と、強い意志と忍耐力、勇気、(06/01/14 03:56)
◆シンジュ >> ミラベルちゃんも詳しいね!?(すごい、と感心する。)一緒に居てもらえてよかった。   ………ふうむ。(顎に手を当て…)(06/01/14 03:56)
◆アイビス >> んむ…、やり方は色々とあるけれど、大抵はそんな感じですね。(うなずきを向けつつ)…これは、力量の大きさ、強固な意志、不撓不屈、とかの暗示。(06/01/14 03:54)
◆シンジュ >> …これは?(カードの意、分からないので首を傾げて問う、)(06/01/14 03:52)
◆ミラベル >> 過去、現在、未来、環境、無意識、方法、核心、……だっけ、(核心が総合にあたったかなと思い返しながら、返答も得てこちらも頷く、)占星術まで出来るのね……、(幅広いなと感心する、)(06/01/14 03:52)
◆アイビス >> なるほどねぇ…、だからこそ未来を暗示するカードは、これ…、(と言って見せるのは「力」の一枚。正位置)(06/01/14 03:51)
◆シンジュ >> それゆえの、不安定で現実逃避なのかも…。迷子にはなっていないつもりで、いまだに迷子だったのかなあたしは。(はああ、と頭を抱え…。タロットや占い系についてはほぼ無知なので、大人しく聞いている…。)(06/01/14 03:51)
◆シンジュ >> 恋愛とはかけ離れるけれど、悩みというか、悩みなのかな、ええと…(少しの間、言うことを纏めんと口を閉ざし、) ある子に、とても重要な事を言わなければらなくて。とても大事なことなんだけど、でもあまり言いたくない。でも言おうと思ってる。言わなきゃならないから。(06/01/14 03:49)
◆アイビス >> あぁ、最初の一枚は全体運…、まぁ、総合ですね。(うなずきを向けつつ)(06/01/14 03:48)
◆アイビス >> …後は、環境を暗示するカードは…、(めくり、直ぐに伏せる)…え、えぇと…、そうだ。タロットだけでは、短期的な運勢は占えても、長期的な運勢は占えないので、少し占星術も導入してみますか…、(06/01/14 03:47)
◆ミラベル >> 内面の暗示が月で、さっきの悪魔は……現在とかかしら、それとも未来か総合か、(タロットに関する記憶を思い起こしつつ、)(06/01/14 03:47)
◆シンジュ >> お月さまって、そういう意味なんだなあ…。 (もう一度手を持ち上げて見つめる。今度は小指ではなくて、カードをかき混ぜた手のひら全体を見る。)(06/01/14 03:45)
◆アイビス >> …今、実は悩みがあったりしますか?(06/01/14 03:45)
◆シンジュ >> 内面。…お月さま。(じいぃ、) ……ぬうぅ。(06/01/14 03:43)
◆アイビス >> 不安定、現実逃避、猶予なき選択、潜在する危険…と、これは隠れた敵がいるかも知れない暗示。…後は、手探りの状態、見通しが暗いか立たない。…と言った意味となります。(06/01/14 03:42)
◆ミラベル >> つまり、さっき云ってた赤い糸の話としても、新しい出会いってのはつながりそうね、(糸だけに、) ……月、(06/01/14 03:41)
◆アイビス >> それから、こっちのカード。あなたの内面を暗示するカードは、「月」ですね。(06/01/14 03:40)
◆ミラベル >> 逆位置かあ……、でもタロットでも、逆位置でもイイとも限らないのもあるわよね……、今回はそうでもないけれど、(聞きつつ、神妙に、)(06/01/14 03:39)
◆シンジュ >> 逆位置。(ほほう、と凝視する。) え、さっきの意味と全然違うじゃないの…!全然良いじゃないの…!(わぁわぁ!)(06/01/14 03:39)
◆アイビス >> よく見て下さい。これは逆位置。(上下が逆さま)…その場合の意味は、回復や覚醒、新たな出会い。解放、…といった内容になります。(06/01/14 03:37)
◆シンジュ >> それは、ええと、つまり、ええと、どういう意味なのかなあ…?あたしの前に立ちふさがる障害をその悪魔さんがバッタバッタとなぎ払ってくれるという…感じの…(ポジティブにとらえたが、) …・ひいいいい!!(違ったアアアアアアア)(06/01/14 03:37)
◆アイビス >> 「悪魔」のカードが持つ意味は、裏切りや束縛、堕落、誘惑…等々、ですが…、(06/01/14 03:36)
◆シンジュ >> あ、夏至祭? 今年もあるんじゃないかな?盛り上がっていたみたいだし…(わくわくしていた気持ちが、) …………………、(悪魔ですと…。)(06/01/14 03:36)
◆ミラベル >> あ、アクマ……、(06/01/14 03:35)
◆アイビス >> …えぇと、悪魔が出てしまいました。(06/01/14 03:34)
◆シンジュ >> 心浮かれる春。はじける夏。…秋のみ若干食欲に偏った気がしなくもないけれど…、仕方ないよね、秋だもの。 …で、冬はじっくり温めて。(メモられていたとは知らずに妄想を膨らませ、) ………ふおお、、、(何のカードだろう、とドキドキしながら待つ…)(06/01/14 03:34)
◆ミラベル >> 夏はお祭りかあ……そう云えば去年もあったわよね、今年もあるのかしら……、(思い起こしつつ、妄想話は右から左に受け流す、)(06/01/14 03:33)
◆アイビス >> 金魚は縁起が良い生き物ですから、そう悲観する事もありません。…さぁ、カードを見てましょう…、…っと、コレは…、(06/01/14 03:32)
◆シンジュ >> そんな金魚みたいな…。(コイキン…)(06/01/14 03:31)
◆アイビス >> …………。(妄想話をメモしつつ)(06/01/14 03:30)
◆シンジュ >> はっ、ヤバイ。(再び無に戻り、まぜまぜ、手を引き。) コイキン!?(06/01/14 03:29)
◆シンジュ >> だって春はお花見したりピクニックしたりしたいし、夏はお祭りとか花火、秋はスイーツが美味しいし、冬は寒いからくっつけるよ。(全部自分の妄想で話をする。取り合えず四季がはっきりしている時期は恋愛しやすそうだと思う。)(06/01/14 03:29)
◆ミラベル >> コイキン……!?(そんな略し方!?)なんかコイキンってだけ聞くと、恋禁止みたいな、(かき混ぜ始めたようなので、そっと声のトーンを落とし、)(06/01/14 03:27)
◆アイビス >> そんなコイキン族のあなたが選んだカードは…、あぁ、引き出しから手は抜いて下さいよ?(指を挟みますからねぇ…と)(06/01/14 03:26)
◆アイビス >> 季節が関係ないならば、それはもう、恋に生きる人。…略して、コイキン。(06/01/14 03:25)
◆シンジュ >> 赤い糸かあ…。(思わず自分の小指を見つめる。) 誰があたしと繋がっているのかなあ。くふふっ。 …あ、はぁい。(押されてきたカードの山を、むむむむむ――――と念じながらかき混ぜる。)(06/01/14 03:24)
◆ミラベル >> というかほら、今のコレは占ってもらってすらナイんだから……、(意気込む様子に云いつつ、)年がら年中恋の季節って云ってるんだったらもう季節関係ないじゃない……!?(06/01/14 03:24)
◆アイビス >> …まぁ、恋愛はともかく。…今は心を無にして、これをかき混ぜてください。(引き出しに裏向きで山になったカードを入れて、押し出す)…あぁ、念じて下さっても結構です。(06/01/14 03:22)
◆シンジュ >> でも前提にしょっぱいモノがあるんだね…!障害があればこそ、燃え上がるんだきっと!(ぐっ、) 春は恋の季節で、夏も恋の季節で、秋も恋の季節で、冬も恋の季節だと思う。(オールシーズン。)(06/01/14 03:21)
◆アイビス >> ………。(去年も頑張ったのか…)(06/01/14 03:21)
◆シンジュ >> あうあうあー…、(慰められ、) ……、(ぱちくり、)…、そ、そうなの?それなら…まァ…今年の夏も頑張るっ…!(06/01/14 03:20)
◆アイビス >> 人には赤い糸がありますから、…まぁ、正確には一本では無く、数本。…言い換えれば幾つかの可能性ですね。その内が来るよりも前に死なない限り、いつかどれか一本を引き当てるでしょう。(06/01/14 03:19)
◆ミラベル >> つまり、総じて塩アメ、(頷く、)(06/01/14 03:18)
◆ミラベル >> 恋の季節って春だと思ってたわ……、(もう終わりゆく季節、)(06/01/14 03:18)
◆シンジュ >> (ミラベルを支えに立ち…) こ、これからが恋の季節だというのにっ…(始まる前からしょっぱい宣言をされた、だと…)(06/01/14 03:17)
◆アイビス >> …とは言え、しょっぱいながらも、甘酸っぱく(レモン)もあり、また…甘く(チョコ)もある。…まぁ、基本しょっぱいけど、その内に良い人が現れるでしょう。これは確実。(06/01/14 03:17)
◆ミラベル >> ドン、マイ、(肩を叩いて慰める、)(06/01/14 03:17)
◆ミラベル >> しょっぱい恋愛関係っ……、(06/01/14 03:16)
◆シンジュ >> (打ちひしがれる…………)(06/01/14 03:16)
◆シンジュ >> ええええっ!?(がーーーん!)(06/01/14 03:16)
◆ミラベル >> ほら、そこは夏なので……、(困惑オーラを察してフォローも引き出しにいれつつ、)(06/01/14 03:16)
◆シンジュ >> (ミラベルと共にそわそわする。) んむ、そっか。まァいいよ、とりあえず占ってもらえるみたいだし …………(06/01/14 03:15)
◆アイビス >> これはもう、あれですね。…占わずとも分かります。恋愛関係は、しょっぱい。(06/01/14 03:15)
◆アイビス >> …塩、(なぜに…と困ったオーラ再発しつつ)…ソルト、(言い換えによって持ち直し、引き出しを通じて受け取る)…んむ、しょっぱい…、(06/01/14 03:14)
◆ミラベル >> (普段入らない空間なので若干物珍しげに見回しつつ、そわそわ、) たのまれてくれたとしても、それは占いを頼まれてくれただけでしょっ、(06/01/14 03:13)
◆シンジュ >> これからの季節に嬉しい塩レモン味と塩チョコ味です!(掌にもっさりと乗った飴の山。) はーい。(言われた通りに、引き出しに入れる。) んー、普通に恋愛とかも聞いてみたいんだけどなあ…。(06/01/14 03:12)
◆アイビス >> …山盛りキャンディですか…、では、そちらの引き出しに入れてください。(横手にある)…それで、何から占いましょうか?(06/01/14 03:10)
◆シンジュ >> でも、たのまれてくれたよ。(ミラベルに呑気に。) (06/01/14 03:10)
◆シンジュ >> とりあえずこれは前金!(山盛りの飴を差し出し、) 悪い結果でもちゃんと後でお支払いはするから、占いの結果に切り貼りのないように。(なんて、小さく笑って。)(06/01/14 03:08)
◆ミラベル >> むむう、(掴まれにげられない、) ……て、シンジュ、道場破りじゃないんだから、(たのもー、に思わずツッコみつつ、扉をくぐる、)(06/01/14 03:08)
◆アイビス >> はい。たのまれました。(応えつつ)(06/01/14 03:06)
◆シンジュ >> え、やだよ、一緒に来てよ。(ミラベルの腕を掴んで離さない。) ばばーーん!(と、懺悔室に登場。)たのもーーーーー!(06/01/14 03:05)
◆アイビス >> 多少のプライベートが知られても構わない仲なら、一緒に中へどうぞ。…と言うよりは、外でポツンと待たされるのは、詰まらないから、中へどうぞ。(06/01/14 03:04)
◆ミラベル >> というか、あたしのコト聞く時点でそれはあたしの占いになってあたしが別料金のお支払いになるわよ……、(首を振り、)ああ、それともあたしは聞かないで置いたほうがいいコトとかかしら、外で待ってる?(06/01/14 03:02)
◆シンジュ >> だ、大丈夫!(鞄の中、残った飴の障害物をくぐり抜ければ、財布の存在感があった。まだある。) ……、(仄かに漂う香に、心を静め…)…き、気をつける。(06/01/14 03:02)
◆ミラベル >> あたしのコトは聞かないでクダサイ、(微笑むが目はマジ、)(06/01/14 03:00)
◆アイビス >> 時間はたっぷり用意されているので、落ち着いてじっくり考えてください。…私は、待つ分には平気ですから…、(06/01/14 03:00)
◆シンジュ >> …、どうしよう。いざ占ってもらうとなると、聞きたいことが多過ぎて…。 ごちゃごちゃし過ぎて、うっかりミラベルちゃんのアイ活の行く末についてとか聞いてしまいそう。(06/01/14 02:59)
◆ミラベル >> そうね、もしこの後お支払いしようと思っていざおサイフを探して見たらなかったー、なんてコトになってたら、それはそれでまたお願いするコトになるのかもしれないわね、(銅貨5枚入りサイフの存在すらを疑いつつ、)(06/01/14 02:58)
◆シンジュ >> おぉ、(ミラベルによって移動させられ、)んー、ええと、まァお金のことはあと考えよう。後払いで良いって言っていたし!(開かれた扉の前、) …うん、でも…落とすから……。(自覚済。)(06/01/14 02:57)
◆アイビス >> …ふは、(聞こえた会話に笑いをこぼし)…落し物の探索も請け負いますよ。(中で仕切り窓の扉を開き、落ち着いた感じのお香を焚く)(06/01/14 02:55)
◆ミラベル >> 云い値って相場を知らないと一番どうしたものか迷う単語よね、(とりあえず、立ち上がってシンジュを懺悔室の方まで背を押し移動をさせる、)落としたら前提の辺りどうなのって思うんだけど、(いやしかしシンジュの場合ありえるからツッコミづらい、)(06/01/14 02:53)
◆アイビス >> 今から夜明けまでが、私の任された時間ですので…、…カチャ、(鍵が閉まる。信徒用の反対側扉は開かれている。ボックスの中は、数人が一度に入れる広さとなっている)(06/01/14 02:51)
◆シンジュ >> ……?(途中で途切れたところに、首を傾げながらも。) 落としたらいけないから、あまり持ち歩かないことにしているの!(どや。)(06/01/14 02:51)
◆アイビス >> ちなみに、結婚の相談から、親の介護、就職の斡旋まで手広く行うのが、私共のウリですから、懺悔や占いの他にも、何でも気軽にどうぞ。(言いつつ、扉を閉める)(06/01/14 02:49)
◆ミラベル >> 銅貨5枚くらいて……、シンジュ持ち合わせ少ないのね、いつもそのくらいなの?(お財布事情をおもいつつ、)(06/01/14 02:47)
◆アイビス >> ……ふむ、(両腕を組み、少し考え込む)…んむ、そうだ。…それでしたら、後払いに致しましょう。…そちらの言い値で結構。元々が、暇つぶ…、…いえ、信徒達の懺悔を聞く上での、サービスでしたから。(06/01/14 02:47)
◆シンジュ >> そうなんだあ…。(ふむふむと頷き、) …あ、今絶対困ってた!(オーラを察する。)ええと、ええと、銅貨5枚くらいは持っていたはず!それプラス飴の山盛り!とか、どうかな!だめ?足りない?(娘もまた、相場が分からない。)(06/01/14 02:45)
◆ミラベル >> しっかり料金を取るのだったら、それはそれでモチロンお支払いすべきでしょうが、(まあ、アメは差し入れ的な、) お代をはらうのだったら、こういうのは相場はいくらぐらいなのかしら、あたし占いとかしてもらわないからよく分からないけれど、(06/01/14 02:44)
◆アイビス >> …飴、…飴ですか…、(表情は隠れているが、困ったオーラを放ちつつ)…ま、まぁ…良いでしょう。とある国では、飴玉が通貨の役目を果たしていますし…、(06/01/14 02:41)
◆シンジュ >> へえぇ…、(興味深げに、挟まれたタロットカードを凝視し。) え!?飴とかでも見てもらえるの!?(確かに山盛りですが! これでいいのかなl!?と)(06/01/14 02:39)
◆アイビス >> はい。私の場合、たまたまカード遊びが高じたまでの事で、普通は神官と言う職業は、何かしら職能を併せ持つものですから…、(06/01/14 02:37)
◆ミラベル >> シンジュのアメをお布施に、軽く占い見てもらったら?オテナミハイケン、的な、(06/01/14 02:37)

◆ミラベル >> 行くって云っても、明日から1週間と、7月からだけど、(シンジュがいつ行く気でいつ帰郷するのかは分からない……、)(06/01/14 02:21)
◆アイビス >> (二人の前を通り過ぎ、懺悔または告解室へと向かう)………………。(06/01/14 02:21)
◆シンジュ >> …?(口元が見えないけれど、完全に神官然とした衣服。 何とも思わず普通に神官だと思い込む。会釈を向けられれば) …あ、こんばんは。神官さま。(06/01/14 02:21)
◆ミラベル >> (長椅子に後ろ向きに座った姿勢のまま、頬杖でトビラのあいたらしい方を見る、)……、(いかにも、な神官風な様子を目にとめて、) いや、あたし助けてないし、現状こうしてアメもらっただけなので、(口の中でアメをもごもごと、)(06/01/14 02:19)
◆シンジュ >> そか、じゃあ向こうで遊べるね。(にこにこ笑って。) う…ハイ…。(とは言ったものの、うっかり口を滑らせそうだなと自分で思ったうっかり系。)(06/01/14 02:16)
◆アイビス >> …………。(無言で、祭壇の方に向ける歩み。シンジュの視線に気付くと、会釈を返す)(06/01/14 02:16)
◆シンジュ >> ミラベルちゃんには、わりとこうやって弱っている時に助けてもらってるから。(適材適所と言えば、ミラベルもまた自分にとってそうな気がする。) ……、(ふと、音と気配に反応して其方を見遣り…)(06/01/14 02:15)
◆アイビス >> (胸に提げた十字架を左手で握り締め、右手には聖典を持っている。前留めの襟は高く、口許を覆っている)(06/01/14 02:15)
◆ミラベル >> ぅん?ああ、行かない?って云うか、もとより行くので、(軽く片手を立てて、)あと、ファンとかマジやめてね、あたし、イヤなの、勝手に知らせて回ったりしないでね、(すぅ…、と静かなマジな目になりつつ、)(06/01/14 02:14)
白髪の大神官よくぞ参ったアイビスよ‥‥。』 【 (金色の髪、ヒスイ色の瞳。大聖堂の扉をくぐる神官姿の男)(06/01/14 02:12)
◆ミラベル >> (ふむ、と何やら真面目ぶった顔でアメを舐めつつ、あじわう、) いや、お礼を云われるコトなどなにもないししてないし、そういうのはきっと適任のヒトがなんとかするモノなんでしょう、テキザイテキショ、(06/01/14 02:12)
◆シンジュ >> まァあたしが祝わずとも、他のミラベルファンが祝ってくれることでしょう。(みなに告知しておこう。) 塩ミルクはちょっと濃厚だけどそれが良いんだ。 …そうなんだよねー、それが一番の悩みの種。(溶ける…)(06/01/14 02:11)
◆ミラベル >> 塩ミルクもあるのか……、(塩バリエーション多いな……、) まあ、買いこみすぎて、アメとけちゃわないようにね、暑くなるとコレから多そうだし、(溶けそう、)(06/01/14 02:08)
◆シンジュ >> (チョコ味の飴はそれほどしつこくなく。中の空洞に詰められたやわらかなチョコのペースト。その中に感じる小さな粒が塩。) うん、大丈夫。ありがとうね、ミラベルちゃん。 …ミラベルちゃんは、この夏はどこかに行ったりするの?海行かない?海。(06/01/14 02:08)
◆ミラベル >> いや別に、お祝いとかしてもらうようなコトでもないし、(ぱたぱた、と余した袖を振り、)なんの気にするコトもないから、もーまんたい、その云わなきゃいけないコトとやらをカタして、心置きなく行くコトね、(06/01/14 02:07)
◆シンジュ >> 色々あるよ。塩ミルクも捨てがたい…でもとりあえず今持ってるのはこのふたつ。 ……、(……ぎくっ。) んむ、確かに飴は好き…。(白状する。)(06/01/14 02:03)
◆ミラベル >> ……、(とりあえず、すごく美味しいと云われた方をひとつ、先に包みを解いて口に運ぶ、)……そう、まあ自分で腹を括ったなりまとめたなり方向性見出せてるんだったら、あたしがフタ開けて引っ掻き回す必要はないのでしょうね、(カラコロと口の中でアメを転がし、味を吟味、)(06/01/14 02:02)
◆シンジュ >> 何とかしようと思って動けば、もっと早くに解決できることなのだろうと思う。きちんと、言わないといけない事があるの。(一度、十字架を見上げ…) うん、今年も。ごめんね、お誕生日のその日にお祝いできなくて。(06/01/14 02:01)
◆シンジュ >> うん、まァ…あたしの中では結構なレベルで相当な話。(頷く、) えー、良いの。たまにはだらけたい時もあるの。(だらだらする。)(06/01/14 01:57)
◆ミラベル >> 塩アメにレモンとかチョコとか違いあったのか……、(受け取りつつ、)暑さ対策のひとつ、っていうよりも単にアメ好きで買ったわね?さては、(06/01/14 01:57)
◆シンジュ >> こっちの塩レモン飴は、塩分の補給にすごく効果ありそう。味もシンプルでスッキリしている。 こっちの塩チョコ飴は、普通にすごく美味しい。塩のつぶつぶ感が好き。(ふたつずつミラベルに手渡す。御賞味あれ、と。)(06/01/14 01:54)
◆ミラベル >> なんとかする……で、なんとかするコトじゃないんじゃないんですかね、なんとかなるコトであっても、するコトじゃないっていうか、(感覚でモノを云う、) ああ、今年もまた帰郷するのね?ていうか海向こうも行くんだ?じゃあ塩アメもめいっぱい買い込んでおかないとだわね、(06/01/14 01:54)
◆ミラベル >> 腹をくくらなきゃいけないレベルって、相当じゃないです……?そうそう日常でそこまでのコトってナイと思いますケド、(伸びる様子を見守りつつ、) ……、あらまあ、ヒトサマの前でそんなだらしなくはしたナイ格好しちゃってー、(わあー、)(06/01/14 01:51)
◆シンジュ >> や、あたしの悪い癖だと思うの。ついフタしちゃう。(首を振り、)早目に何とかする。踊り子が元気ないんじゃ、仕事にならない。 これを解決させないと海にも行けないし帰郷もできないし。(伸びていた上体に力を入れて、) この時期になるとたくさん売られるから、つい買っちゃうよね。(塩味系。)(06/01/14 01:50)
◆シンジュ >> ん、でもまぁ一時よりはだいぶ良い…ごちゃごちゃしてるのもだいぶ纏まったし、腹も括った…ようで括れてないからこの状態なのだろうけども。(ぐてーんと背凭れに体重を預けて伸びる。) でも、迷子になってはいないから。こうして、ああして…っていう指針はちゃんとあるから大丈夫。(06/01/14 01:47)
◆ミラベル >> (その様子を見て、ふむー、と息を吐き、)まあ、フタしとくくらい別にイイですケド、 ……おや、ココでもまた塩飴?ホントに最近売られているのね、塩味のヤツ、(06/01/14 01:47)
◆シンジュ >> ううう。(指摘されてぐうの音も出ない。) あ、塩味の飴を買った。(暑さ対策そのいち。)(06/01/14 01:44)
◆ミラベル >> ゲージが不足してるなら、補充しないとだわね、体力とメンタルはベツモノだもんね、カバーはそもそも出来ないモノだろうし回復方法も違うでしょう、(うむ、頷く、)(06/01/14 01:43)
◆シンジュ >> メンタルのゲージが不足しているのですー。体力面でカバーできなくなってこの有様。(なのだろう、きっと。口にしてみて、改めてそうなのだろうと自分で知った。) ある。(心当たり。)(06/01/14 01:41)
◆ミラベル >> たあいない話してるのがイイって云うのは、つまりそのダメージ?とかいうのを単に横に置いておいてそっとフタしておいてるだけなんじゃない?適度に換気しておかないと、これからの時期カビるわよう、(何らかに不安になってるらしい様子に、)暑さ対策なんかしてる?(06/01/14 01:40)
◆シンジュ >> こうして気心の知れたお友達と一緒に居て、たわいないお話をしている事が楽しいってこと。(笑って。)勿論何かあった時にも、そりゃあ心強いけど。 ………、暑さ対策か…。(この状態で海に行って大丈夫なのかな、と少し自分自身が不安になる。)(06/01/14 01:37)
◆ミラベル >> 体力とか健康面に自信があるヒトは、日中の暑さを夜中まで引っ張らないと思いますがー、(頬杖姿勢のまま意見を述べ、)……ふゥン?心当たりは他にあるんだ?強い日差し以外のダメージねェ……、そんなに引っ張るモンなのね、(課題に影響が出るほどに、)(06/01/14 01:37)
◆シンジュ >> 体力とか健康面には自信があるから、そうではないと思いたい!(体力低下については笑って、) …、自分がちょっとヘンな状態であることの 理由はなんとなく分かる。 最近日差し以外にもダメージを喰らい過ぎたから、ちょっと、それだと思う。おかげでお師匠様からの課題の成果が散々。(困ったような、苦いような笑い方で。)(06/01/14 01:34)
◆ミラベル >> (長椅子の背に頬杖ついて、ふぅんと見遣りつつ、)あたしは居た処で、お医者じゃないし、何も出来ませんが……ああ、倒れたらシスターでも呼んで来ればイイってコト?(出来るとしたらそれくらいか、) じゃあ、日差し対策だけじゃなく、次は暑さ対策が必須ね、(頷く、)(06/01/14 01:31)
◆シンジュ >> うむ、無自覚というのが一番怖いよね。でもあたしのは…大丈夫だと思うよ。取り合えずほら、ミラベルちゃん、いてくれるし。(にこにこ笑って。)日差し対策は年中バッチリです!(抜かりはない。) (06/01/14 01:27)
◆ミラベル >> (医者でもなんでもないので、別段トクベツなコトもなかったが、)今はそうでも、自分の気づいてない間に不調に陥るのが一番大問題と思いますよ、 ホントにお天道サマの所為ってだけなんだったら日差し対策が必要でしょうが、他に体力落ちてるとかそういうんじゃないの?(06/01/14 01:22)
◆シンジュ >> 乙女の天敵、日焼けもね…。(暑さ以外にも敵は多い。) (ミラベルのとる姿勢には、「ミラベルらしいな」という感じを滲ませて笑って見ている。)(06/01/14 01:20)
◆シンジュ >> (お医者さまに診てもらっているような感覚になって、居心地悪そうにする…) うーん、そっか。じゃあ、うん、大丈夫だ。(放された手を戻し、) んー、でも今は本当に大丈夫になったから。もう気持ち悪くないし。(06/01/14 01:17)
◆ミラベル >> これからどんどん、日の高い内は外に出てらんなくなるけれどね、暑さで、(肩を竦めて、長椅子の背もたれに腕枕のように寄りかかる姿勢、)(06/01/14 01:16)
◆ミラベル >> (片手を受け取って、手の具合を窺いつつ、)……、ふむ、熱を残すって云う割りには、云う割りにはっていうか云う程も、そんなに熱っぽくはナイように思いますが、(手は放してやる、) 不調を不調と感じないのが、一番の悪いコトなんじゃない?(それって、)(06/01/14 01:14)
◆シンジュ >> 夜型だねえ、ミラベルちゃんは。でもあたしも仕事が立て込むとそんな感じ。(差し出した手と反対の手で、手持無沙汰に己のみつあみを弄りながら…) 夜のお散歩は良いよね。あたしも好き。(そして、ミラベルの体調の件を聞けば安心したように頷いた。)(06/01/14 01:12)
◆シンジュ >> んー。(急に訪れた吐き気によって奪われた指先の温度と、顔の血の気がようやっと戻ってくる頃。ミラベルに言われて手を差し出した。) こんな時間まで熱を残すなんて、お天道様は恐るべし。(うむ、)や、今の今まで、あんまり「不調だなー」っとは感じていなかったので…。(06/01/14 01:08)
◆ミラベル >> あたしは日中は外出歩いてなかったし、(夜行性、)日が落ちてから出歩く分には、体調おかしくなる程のことはないわね、(06/01/14 01:08)
◆ミラベル >> どれ、手を貸しなさい、(長い袖に隠れてる手を差し出して、ほれ、と、) 日中暑かったにしても、今はもう全然日中じゃない時間よ、こんな時間になってまでそんなで、じゃあどうして部屋に帰って寝てナイのって話になりますし、(ほれほれ、と手を、)(06/01/14 01:05)
◆シンジュ >> 確かにぼーっとしてるのは好きだけど。(いつもかどうかは自分ではよく分からないけれど、今現在ぼうっとしていた自覚はあったので頷く。) きっとないよ、大丈夫。日中暑かったから…熱が籠っているのかな。ミラベルちゃんは大丈夫だった?急に暑くなったり涼しくなったりするから困るよね。(ミラベルの体調について尋ね、首を傾げ。)(06/01/14 01:02)
◆ミラベル >> いつもボンヤリしてるかとは思うケド、今日はまた一段とずいぶんボンヤリしてるようなので、(聞いた理由を述べて、)ホントはあるんじゃない?分かってないだけで、(06/01/14 00:59)
◆シンジュ >> んー…、…ないと思うんだ、けど。(指が冷えたままだったので、よく分からずに首を傾げた。触れた額は熱いような気もするけれど、発熱時のようなだるさもない。)(06/01/14 00:58)
◆ミラベル >> 熱でもあるのかしら、(長椅子に後ろ向きに、しゃがむような姿勢のままで見つつ、)(06/01/14 00:55)
◆シンジュ >> (少しばかり驚いたような顔のあと、)こんばんは。(薄っすらとした笑顔で。)(06/01/14 00:55)
◆シンジュ >> ……、(それほど間をおかずに去った感覚に、ふ、と息を吐き出して。改めて顔を上げれば、) ミラベルちゃん、(06/01/14 00:54)
◆ミラベル >> (視線が合う位置、前列の長椅子より顔をを覗かせて見る視線、)(06/01/14 00:53)
◆シンジュ >> (握る力を緩めた指先は白く、温度が少し下がっていた。その手を口元に持っていこうとして、躊躇い、額に当てる。) ……っ、(胃の内の、せり上がるような感覚が収まるまで。)(06/01/14 00:52)
白髪の大神官よくぞ参ったミラベルよ‥‥。』 【 (顔を上げて見た先に、顔がある、)(06/01/14 00:52)
◆シンジュ >> …、(ぴく、と何かに反応したように身体が震えた。眼を開き、顔を上げる。)(06/01/14 00:47)
◆シンジュ >> (そのまま一時呼吸を止めれば、周囲の静けさが より顕著に感じ取れる。)(06/01/14 00:44)
◆シンジュ >> (開き、閉じる。開き…閉じ、そのまま軽く握って、) ……、(目を閉じ、深く息を吐き出した。)(06/01/14 00:39)
◆シンジュ >> (俯きがちの姿勢は、開いたり閉じたりさせている掌を見下ろしているため。)………、(06/01/14 00:37)
白髪の大神官よくぞ参ったシンジュよ‥‥。』 【 (長椅子に座る娘。)(06/01/14 00:36)